デコメ ご訪問ありがとうございます。ごゆっくりしていってくださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オムツについて(試行錯誤編)

とうとう母犬は歩く事があまり出来なくなり、お漏らしが多くなりました。
そこでオムツの登場です。

まずは母親が使っていたものを代用。
母犬ではなく、母親です。そう、私(飼い主)の母親。


・・・あたりまえですが、でかすぎました。


うーん、高いと噂のアイツを呼ぶしかない。



って事で次に犬用オムツを買ってみました。

なんでこれってこんなに高いんだろう?と疑問に思いつつも
何かしら画期的な事になっているに違いない!と
荒れる心を納めつつレジへ。そして母犬へ。


何の事はありません。
シッポ穴があるだけで赤ちゃん用となんら変わりはなかったのです。

もしや、このシッポ穴のせいでこんな値段に???!!!

そんなわけない。きっと犬用の体にフィットするように出来ているんだわ。
どんなに寝返り打っても超熟睡できるはず。

しかし高いのでとりあえずこれで型紙をとり、布で作成。




でけた。



さて、着けてみよう!



あらやだ、いい感じ。
ちなみに大人用尿パットというものがたくさん残っていたのでそれを使う。


と、そのままにしてしばらくすると脱げていた・・・

うーん、やっぱりか。

母犬もオシッコを感じないわけではなく、するならどこかへ、と思うようで
動きづらい足をうごかすのだけど、結局場所は移動できずその場で。
しかし短い足を頑張って動かすのでその時に脱げてしまうようだった。


そこで!!!!!



ここはやっぱり「犬用」と謳ってる、まさかシッポ穴のみの値段ではないはずのこの
高価なオムツが登場でしょう、シメシメとほくそ笑みながら母犬に装着。


またしばらくして・・・





脱げていた。




なんなんだよ。
やってらんねー。


結局脱げてしまうのは仕方ない。
なんせ足が短いから、ちょっと引っ込めただけで簡単に脱げてしまう。
ならば、シッポ穴なんて切ればいいだけ。

そう、あれを出してよ、ド○えも~ん







「はい、新生児用オムツ~ パンパースゥゥゥ」

パンパース




というわけで、次のチャレンジは新生児用オムツです!
スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。