デコメ ご訪問ありがとうございます。ごゆっくりしていってくださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母犬の出産 その1

母犬の出産についてです。

母犬が生まれてから約6ヵ月後に初潮が来ました。
私は急いで犬用オムツを買いました。
この時、「犬用ってなんて高いんだ!」と実感したわけです。

で、履かせました。

母犬は洋服に慣れていたのもあって、嫌がらず履いていましたが、
もちろん、「This is an OMUTSU」「これはオムツです」とわかるわけもなく
オムツを履いたままきちんとトイレに行き、チッコをしていました。
しかし、トイレに自分のニオイはなく、非常に不思議な顔をしていましたが、
私は「Oh! No!」と叫んで慌ててオムツを取りました。

血液より多いチッコ。
小型犬なのでたいした血液量ではなく、
これではチッコのせいでオムツを取り替えなくてはいけないんだな、と
悟った私はオムツを外してみる事にしました。

結果、チョコチョコ血液は付くものの、ちょっと拭けばなんとかなってしまう
量だったので、オムツは撤廃する事にしました。

そういえば、実家に引っ越して片付けをしていたら、
この時買ったオムツが出てきました。感無量。

で、です。

ここで避妊手術をするか、子供を産ませるかとても考えました。

まずは生まれてくる子供たちの行く先を考えないといけません。
ミニチュアダックスは平均4匹前後の仔犬を産むそうです。

この頃、当時の会社の課長が私に
「母犬は子供を産まないの?もし生まれたらもらうのになぁ・・・」
と言いました。

どうやら、課長の子供たちはすでに大学生になってしまい
全く遊んでくれなくなったのでここは犬を飼って孫のように可愛がろうと考えたようです。
人生山アリ谷アリ。

というわけで、
もし4匹生まれたら?とシュミレーション開始。

1匹目:うち
2匹目:課長
3匹目:実家???
4匹目:????

3匹目の実家なんですが、当時私が5年生の頃からいたワンコが老衰の為亡くなったばかりでした。
主に母が可愛がっていたので、結構落ち込んでおり、
「もう飼わない」と言っていたのです。
しかし、犬大好きで一人暮らしな母。
ここでお願いした方が母の気持ち的にもいいのか、悪いのか考えていたのです。

そして、4匹目。
全く当てははありません。
インターネットなどで見知らぬ人に渡すのもな・・・と思い
この4匹目の行く先が決まらないと産ませる事は出来ないと思っていました。

この話を行き着けの美容師にした所、
その美容師のご両親が犬を欲しがっている、と言ってくれました。
結果、もしよければ譲って欲しいとの事で、これで4匹目の行く先が決まりました。

行く先がだいたい決まったので、これは産ませるしかないな、と勉強スタートです。

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。